スキルを磨いて躍進しよう!

人々の健康に寄り添うプロを目指すなら

本当に必要な資格かどうかを考えよう

看護師として現場で活躍できる知識やスキルを身につけたいという夢を叶えるために、自分の専門に関連する資格を取得しようと考える人は大勢います。資格の取得が直接給料や仕事内容に直結しないものが多いものの、確実に現場での仕事に生かせるものは少なくありません。取得に際しての難易度もピンからキリまであり、わずか数週間の勉強だけで取得できたり、講習を受けるだけで済んだりする簡単なものもあります。

一方で、大学院に通ったり、改めて学校に通わなければならなかったりするものもあるのが事実です。かかる費用も様々であり、キャリアアップに資格の取得を考える際には、よくコストとベネフィットを考えなければなりません。資格を取得してみたけれど、あまり満足できなかったというのは看護師にはよくあることであり、資格の性質を理解して選ぶ必要があります。

大半の資格は知識とスキルを身につけるためのものですが、それが自分の目標に合致していないと役に立ちません。その知識やスキルを生かしてキャリアアップの道を開拓していきたいのなら、ぜひ活用したいところです。

取得すると手当がでたり、仕事上の立場が変わったりするような資格を目指す際、より高度な勉強が必要になります。その場合には学習期間も長くなり、費用もかかりがちです。現状を維持するか、今頑張って将来に活かすかを天秤にかけ、キャリアアップの道として本当に必要かどうかを吟味してから踏み出すようにしましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です