スキルを磨いて躍進しよう!

人々の健康に寄り添うプロを目指すなら

看護師を目指すための道のり

看護師は、人の命を救う重大な責任がある仕事です。それゆえに、大きなやりがいを持って働くことができる素晴らしい仕事だともいえます。人の役に立ちたいという場合、看護師の仕事に憧れる人は多いのではないでしょうか。

看護師の夢を叶えるためには、一体何から始めればいいのかわからないと困っている人もいるかもしれません。そんな方のために看護師になるための道のりをご紹介します。

看護師を目指す場合には、まず、厚生労働省が定める国家資格を取得することが必要になります。そのためには、国家資格の受験資格を得るために高校を卒業した後に看護大学や短期大学、または看護専門学校に進学をして、看護師になるための専門教育を3年以上受けなくてはなりません。また、その際には、受験科目に国語や英語、数学、理科などの基礎も入っていますので、看護師の専門の知識だけでなく高校生のうちからきちんと基礎科目を勉強をしておくことも重要になります。国家資格に合格すれば、厚生労働省から看護師免許が公布されて、晴れて看護師として働くことができます。

看護師は、高校を卒業してからだけでなく、30代や40代などから目指す人もいます。年齢を問わず挑戦することができるので、「看護師の夢を叶えたいけど年齢がネック」という人でもチャレンジしてみることをおすすめします。看護師として働くことで専門の知識を身につければ、医療の業界で安定して長く働くことができます。また、高給でもあるため、パートや派遣で働いたとしても大きな収入を得ることが可能になるでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です